facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

親知らず
〜現代人には不要な歯?
ちゃんと生えないなら抜歯する方が良いかも?〜

親知らずとは

親知らず 親知らず

親知らずとは前から数えて8番目の歯で、お口の中の最も奥に生えてくる歯です。

18歳頃に生えてきます。親御さんがお口の中を見る年代ではありませんので、親が知らないうちに生えてくるという意味で親知らずと呼ばれます。

生えてくる際は全員ではないですが、痛みを訴える方もいらっしゃいます。その他、歯が押される感じがする・違和感があるなどの訴えもあります。

親知らずと歯並びの関係性

親知らずと歯並びの関係性

関係があると言われていますが、明らかな証明はなされていません。

親知らずが生えてくる力が他の歯に加わり、他の歯が押されて前歯がガタツクなどの説はイメージしやすいですが、証明は難しいようです。

ただ、親知らずがまっすぐ余裕を持って生えない場合は、口の中のスペースが足りないということですので、その他の歯もスペース不足によりデコボコな歯並びになっている可能性は高いと言えます。

親知らずの痛みの原因

痛みの原因の要素

最も頻発するのは智歯周囲炎という親知らずの周りの炎症です。

半分だけ歯肉から顔を出している親知らずや、水平に埋まっている親知らずなどで起こりやすい疾患で、原因は虫歯や歯周病と同様に細菌です。

親知らず

親知らずが磨きづらい状態だと、親知らずが細菌の住処になってしまいます。普段は免疫力で炎症を抑えていますが、体力が一時的に落ちたときや、菌が増えすぎてしまった際に親知らず周囲の組織が炎症を起こします。

智歯周囲炎では痛みや腫れの他に口が開きづらいなどの症状も出る場合があります。別の原因として、単純に虫歯で痛いということもあります。

その他の原因としては、親知らずが生えてくるときに歯肉が盛り上がりますので、その歯肉が他の歯と噛み合って痛いということがあります。また、親知らずが生えてくるときには他の歯に対して押す力が働くので、押された歯が痛むということもあります。

親知らずによる症状

親知らずを抜歯する際の
医院の選び方

歯科医院を選択する
基準について

上記の3つは重要だと思っています。

①CTについて

まず一つ目のCTですが、3次元的な画像を得ることができるので、親知らずの抜歯に関係する神経の位置を正確に知ることができます。

親知らずの根の近くには太い神経があるのですが、この神経を損傷すると最悪の場合は下唇に生涯にわたり麻痺が残ることがあります。全ての抜歯でCTが必要ではありませんが、少しでも危ない場合はCTを撮るべきと考えています。

②説明について

次に二つ目の説明ですが、これに関しては言うまでもありません。

なぜ抜くのか、どのように抜くのか、抜いた後はどうなるのか、という話は時間を十分にとって説明し、ご理解いただくのが必須だと思っています。

③滅菌について

三つ目の、滅菌ですが、親知らずの抜歯は外科治療ですので、最高レベルの滅菌が必要です。

最近では感染対策の意識が高まり、多くの医院でクラスBの滅菌機(*滅菌にはクラスB、クラスS、クラスNがあり、クラスBが最高レベルです。)を導入していますが、中には導入していない医院もあります。この設備を有する医院は必ずと言って良いほど、ホームページでアピールしていますので、その点をチェックするのが良いと思います。

もちろん当院にはクラスBの滅菌機があります。

親知らず

対応できるケース・
できないケース

ほとんどの親知らずの抜歯に対応できます。

ただし、歯の根が神経に接している場合や、埋まっている親知らずを抜歯するために非常に多くの骨を削らなくてはならない場合はご紹介させていただきます。

抜歯の難易度について

まっすぐに生えている場合

抜歯の難易度
抜歯にかかる時間 麻酔をする時間を入れて30分以内
抜歯の費用 保険診療にて2,000円程度
(レントゲン撮影の費用は別途かかります。)

横向きに生えている場合

抜歯の難易度 中〜高
抜歯にかかる時間 通常は麻酔を入れて30分以内ですが、位置が深い場合や神経が近い場合は60分の予約枠をとります。
抜歯の費用 保険診療にて5,000円程度
(レントゲン撮影の費用は別途かかります。)

埋まっている場合

抜歯の難易度 中〜高
抜歯にかかる時間 埋まっている位置や深さによって30分以内での処置ができる場合と、60分の時間が必要な場合があります。
抜歯の費用 保険診療にて5,000円程度
(レントゲン撮影の費用は別途かかります。)

抜歯をお勧めするケース

必ずしも抜歯しなくて良いケース

抜歯後の注意点

上の親知らずと下の親知らずで注意点は変わります。

上の親知らずは抜歯後も腫れることはあまりありません(非常に稀に強く腫れる方がいます)。また、痛みもそれほど強くなく、痛み止めを3日程度飲めば収まります(痛み止めを飲まずに済んだという方もいます。)

抜歯後の注意点

さらに特徴的なのは、上顎洞との関係です。上顎の骨には上顎洞という空洞がありますが、上顎洞は上の親知らずの根と近い位置にあり、親知らずの根が上顎洞内に突き出ていることがあります。この場合に親知らずの抜歯を行うと、親知らずを抜いた穴と上顎洞がつながります。

つまり、口と上顎洞が交通することになります。この結果、口に含んだ水分が上顎洞へ流れ込み、それが鼻に流れ込み、鼻から出るなどという状況が生じます。また、鼻をかもうとすると空気が口に漏れるということもあります。こういった症状が出る場合は口と上顎洞が交通していることを示すものですので、すぐにご相談ください。

もちろん抜歯した際に術者が気付くことが多いので、すぐに状況を説明することがほとんどです。空いた穴は通常治癒と共に塞がりますので、大きな心配はいりませんが、稀に穴が残ることがあり、その場合は追加の処置が必要となります。

次に下の親知らずですが、上と違って痛みや腫れが強く出やすいことが特徴です。痛みに関しては痛み止めでコントロールできることがほとんどですので大きな心配は必要ありません。痛みは抜いた直後、麻酔が切れた時がピークとなり、経過とともに1週間程度で落ち着きます。一方腫れはステロイドなどの特殊な薬を使わない限りほぼ確実に生じるものです。残念ながらステロイドは免疫を抑制してしまうので、基本的に使用しません。腫れは抜歯の翌日、翌々日頃がピークとなり、1週間程度で落ち着きます。

また、下の親知らずで知っておくべきことは親知らずの根が下唇の神経と近いということです。この神経を傷つけたり、切断してしまうと、最悪の場合は生涯にわたり下唇に痺れが残ってしまいます。軽い症状であればビタミン剤の内服で治癒することもありますが、可能な限り痺れが生じることを術者は避けるべきです。そのため神経が近くにあると考えられる場合はCT撮影を行い、位置を正確に把握する必要があります。

親知らずを抜歯する際の流れ

親知らず

普通に生えている親知らず

通常の歯の抜歯と同様の処置を行います。具体的には、ヘーベルという器具で、歯を骨から脱臼させて、鉗子という歯を挟む器具を使用して歯を揺さぶって抜きます。

埋まっている上の親知らず

埋まっているので、切開が必要です。切開を行い、粘膜をよけて親知らずの頭を露出させます。

もし深く骨に埋まっている場合は骨を削って親知らずの頭を露出させます。露出した親知らずに対して、ヘーベルを用いて、骨から脱臼させて抜歯します。その後切開した部位を縫合します。

親知らず
親知らず

横向きに埋まっている
下の親知らず

切開を行い、粘膜をよけて親知らずの頭を露出させます。もし深く骨に埋まっている場合は骨を削って親知らずの頭を露出させます。次に横向きになっているので、親知らずの頭をバーを用いて切断して取り除きます。

そうすることで、親知らずと手前の歯の引っ掛かりを除去でき、親知らずの根の抜歯が可能となります。残った根は、ヘーベルを用いて、骨から脱臼して取り除きます。その後切開した部位を縫合します。

抜歯後の腫れについて

どの程度腫れるのか

埋まっている下の親知らずを抜歯した時が最も腫れます。腫れの程度は他人から見てわかるくらいです。マスクをすればわからないことがほとんどです。腫れのピークは抜歯をして2日後くらいで、その後徐々に引いていき、1週間程度で消失することが普通です。

もちろん歯の状態、体調、皮膚の伸びやすさなどでも腫れの程度は変化しますので、人それぞれとも言えます。

危険な腫れ方

抜歯後2日後くらいが腫れのピークですが、それを過ぎてもどんどん腫れが増していくという場合は危険と言えます。この場合は細菌感染が疑われますので、抗生物質の変更や抜歯部位の再処置を検討します。すぐにご連絡ください。