facebook twitter instagram
WEB予約 矯正相談 マウスピース矯正
電話 WEB予約 矯正相談
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

根管治療
〜歯の内部に菌が巣を作ります。
菌が巣を作らないようにする、
巣ができても取り除くことが根管治療の目的です〜

根管治療について

根管治療 根管治療

歯の中には根管という細い空間があり、そこに神経や血管が存在しています。その空間に細菌が入り込んだ時に根管治療が必要になります。

根管治療

麻酔をした後に、歯に穴を開けて、細い根管を探します。根管を見つけたら、細いドリルのような器具を用いて、根管を少しずつ削って広げます。これを根管拡大といいます。この処置により神経と細菌を除去します。水道管の中にブラシを入れてゴシゴシと汚れを掻き出すイメージです。

物理的に掻き出せる範囲には限りがありますので、器具が届かない部分は薬液を用いて洗浄します。これは水道管に液体のパイプクリーナーを入れて、ぬめりを溶かして洗い流すというイメージです。

拡大と洗浄後に、細菌を殺す薬を根管の中に入れて(貼薬)、歯に開けた穴に仮の蓋をします。拡大、洗浄、貼薬という作業を何回かに分けて行い、根管の中がきれいになれば、最終的に根管を封鎖します。このことを根管充填といい、ガッタパーチャと呼ばれるゴムや、シーラーと呼ばれるセメントを使用します。ここまでの一連の治療が根管治療です。

根管治療の必要性

根管治療が必要な歯を放置することで、歯の寿命が短くなります。歯の疾患は通常の風邪などとは異なり、免疫力ではどうしようもできないことが多々あります。根管治療を行うことで、歯の寿命を延ばすことが可能です。

根管治療の流れ

麻酔

麻酔

麻酔をして、歯を削り、根管を見つけます。

除去

除去

根管を器具で少しずつ削って広げていき(拡大)、神経と細菌を除去します。器具では除去しきれない細菌は薬液による洗浄で除去します(洗浄)。

貼薬

貼薬

拡大と洗浄が終わったら、殺菌作用のある薬を根管の中に入れて蓋をします(貼薬)。

被せ物の装着

被せ物の装着

上記の流れを何度か繰り返し、根管の中をきれいにします。その後、根管内を封鎖して、土台を建て、被せ物を装着します。
(*被せ物ではなく、詰め物で終了できる場合もあります。)治療を開始してから、被せ物の装着までに7回程度の来院が必要です。

治療期間について

根管治療の回数は3〜4回が平均的です。もちろん状態や症状によって変化しますが、毎週治療にお越しの場合は1ヶ月程度です。

根管治療が終了したら、治療が終了ということではありません。根管治療後は、土台を立てて、型取りをして、被せ物を装着します。つまり、毎週ご来院が可能な場合の治療期間は、根管治療開始から2ヶ月程度です。

根管治療

根管治療後の痛みについて

治療後には様々な種類の痛みが出る可能性があります。初めて根管治療を行なった際には神経を除去するので、麻酔が切れた後に神経を除去した痛みを感じます。この痛みはさほど強くないので、痛み止めを何回か飲めば治まります。根管治療中の歯でものを噛んだり、指で押したりして痛むということがあります。これは歯を支える歯根膜という靭帯に炎症がある場合に生じる痛みです。根管治療中の歯になるべく負担がかからないようにお過ごしください。

前述の2つの痛みはあまり心配をする必要はありませんが、もし根管治療後に劇的に痛くなったという場合はすぐにご連絡ください。根管治療によって細菌に刺激を与えることになりますが、体の免疫力が細菌に負けてしまうと、強い炎症が生じます。この痛みに対しては抗生物質を使うなどの適切な対応を行なった方が良いので、我慢せずにすぐにご相談くださるのが良いです。

当院の根管治療の特徴

当院では根管治療の際にラバーダム防湿について説明し、ご同意いただいた場合、ラバーダム防湿下で根管治療を行います。ラバーダム防湿とはゴムのシートを用いて、治療歯を隔離する方法です。
ファイルという器具を用いて、歯の内部を清掃、拡大します。

根管治療

根管治療を成功させるために
大切なこと

無菌的処置(ラバーダム 防湿)

根管内部に菌を繁殖させないことと、すでに存在する菌の除菌が根管治療の目的なので、菌が根管に入らない環境を整備して治療に取り掛かるのが大前提です。

丁寧な拡大と洗浄

拡大とは、歯の内壁を専用の器具で擦って広げることです。内部が汚れているパイプをイメージしてください。パイプの中を掃除するためには、ブラシを挿れて力をかける方向を変えながらゴシゴシと360度擦ります。パイプ内では表面にしか汚れはついてないですが、根管では表面だけでなく、少し深いところまで細菌が侵入しています。ですから、擦るだけでなく、内部を削り取り拡大していく必要があるのです。

また、拡大には、その後に使用する洗浄剤や、薬の効果を高めるという側面もあります。拡大が不十分だと、内部に大量の菌が残ったままになってしまいます。

しかし、拡大できるのは比較的太い根管のみです。実は根管は網目状に入り組んだ形態をしており、全てを拡大するのは不可能です。ですから、薬剤を用いて洗浄を行い、器具で触れないところを除菌します。洗浄液にも種類があり、現在はEDTAで無機質を溶解し、次亜塩素酸ナトリウムで有機質を溶解する方法が一般的です。当院はこの2種類の薬剤を適切な濃度で使用しています。

適切な仮封(仮に蓋をすること)

根管治療は1回では終わらないので、次回の治療までに歯の内部に菌が入らないように仮封をする必要があります。この時に使用する材料によっては、菌の侵入を許してしまうのです。

よく使用されるのは、水硬性セメントとストッピングというものです。水硬性セメントは3mm以上の厚さを確保すれば細菌侵入を防ぐことができるのですが、ストッピングは細菌の侵入を防ぐことはできません。こういった地味なところに配慮しながら、根管内を清潔にしていくことが根管治療の成功率を上げる方法です。

無菌的処置:
ラバーダムの大切さ

歯の内部に細菌が入る可能性を極力減らすことができるので、治療効果が格段に向上します。その結果、根管治療の成功率が高まります。

実は日本での根管治療の成功率は30〜50%程度という報告があります。世界的には成功率は70〜90%と言われていますので、非常に残念な数値です。この差の一つの理由として、日本ではラバーダム防湿があまり行われないということがあります。

唾液には細菌が含まれていますので、根管治療中の歯の中に唾液が入ってはいけません。ラバーダム防湿を行うことで、歯の内部への唾液の侵入を防ぐことが可能です。

ラバーダム
装着後の写真

歯科衛生士

ラバーダム
処置中の写真

歯科衛生士

唾液は直接歯に入ることもありますが、間接的に入ってしまうこともあります。ラバーダム防湿をせずに、口の中に指を入れると、唾液に触れてしまいます。その手で器具を触り、その器具で根管を治療をすることで、細菌を送り込んでしまうのです。

ラバーダム防湿を行うと、唾液が歯や指や器具に付着しなくなりますので、本来の治療効果が出やすく、成功率が高まるということです。

根管治療

当院では歯科衛生士がラバーダム防湿を行うことがあります。ラバーダム防湿は衛生士学校で習う基本手技の一つです。

歯科衛生士

歯科衛生士

無菌的な治療
=根管治療の目的を
達成するために必然のこと

「根管内に細菌感染をさせないこと」、もしくは「すでに存在する細菌を可能な限り少なくすること」が根管治療の目的です。根管内に細菌を送り込まないように、無菌的な治療を行うのは根管治療の目的を達成するために必然のことと言えます。例えば、心臓の手術を行う際は、清潔な手術室で、滅菌されたガウンを着た術者が、滅菌された器具を用います。当然ですが、心臓に菌を感染させないためです。

根管治療

簡単に言えば根管治療もこれと同様なのです。もちろん、根管治療を行う際に、手術室での医科手術レベルで環境を整えることは現実的ではありませんが、可能な範囲で環境を整えたいものです。

口の中には細菌がたくさんいます。歯の表面の歯垢(プラーク)や、舌の上、歯周ポケットの中にもいますし、唾液の中にもいます。したがって器具や術者の指が口腔粘膜や、唾液に触れると細菌に汚染されることになります。滅菌された器具を使用しても、指が汚染されていれば、感染のリスクがあります。ですから、術者の指が清潔に保たれる環境を作ることが重要です。

この点で、効果絶大な方法がラバーダム防湿です。ラバーをかけることで、術者の指は口腔粘膜に触れることが無くなります。滅菌された器具を汚染することなく、使用可能ですので、治療中の感染経路が絶たれ、治療の成功率が上昇します。

根管治療が必要な症状

治療が必要なサイン

根管治療が必要になるのは、歯の内部に細菌が感染し、神経(歯髄)が炎症を起こしている場合や、感染が進行して神経が死んでしまった場合などです。また、一度根管治療した歯に再び感染が生じている場合も治療対象です。

虫歯が進行して、神経に到達すると、冷たいものや熱いもので歯が強くしみる症状や、何もしていなくてもズキズキ痛む症状がでます。神経に強い炎症が出ている場合は、神経を除去して細菌と痛み取り除く必要があります。

感染が進行して、神経が死んでしまった状態や、治療した歯に再び感染が生じている状態では、症状が有る場合と無い場合があります。症状が有る場合は、噛むと痛い、歯肉を押すと痛い、歯肉にできものがあるなどの訴えが多くあります。歯肉が腫れて顎全体が痛い、という強い症状が出ることもあります。これらの症状が有る場合は治療をすべきです。

症状がない場合は、患者さんと相談の上、治療するかどうかを決定します。レントゲンを撮ってたまたま見つかったという場合は、緊急性がないことが多いので、経過観察をして、病変の進行を認める場合に治療を行うという選択肢もあります。

歯の内部の感染が原因で発生した歯肉のできもの

症例

レントゲンでは、歯の根の周囲に炎症像が認められる

症例

症例

根管治療で治せないケース

① 根の破折
:歯根破折(しこんはせつ)

歯の根が割れてしまった場合は、根管治療のみでは細菌除去ができませんので、根管治療では治せません。

② 根の先の袋状の病変
:歯根のう胞(しこんのうほう)

歯根のう胞はレントゲン上では、根尖性歯周炎とは区別ができないことがほとんどです。根尖性歯周炎は適切な根管治療により改善することができますが、歯根のう胞は改善しません。外科的な切除が必要となります。

根管治療で
治せない場合の治療法

根管治療で治せない場合は、外科的歯内療法を行うか、抜歯をするか、放置するかを選択する必要があります。外科的歯内療法は歯茎にメスを入れて、歯の根の先端を除去する「歯根端切除術」や、一度歯を抜歯して、根の先の病変を除去した後に、再び元の位置に戻す「意図的再植」などがあります。いずれも最終手段というイメージです。

抜歯も立派な治療方法と考えています。根管治療の目的は歯を残すことと、感染を除去するということです。抜歯は歯を残すことは諦めるわけですが、感染を除去することはできます。根管治療では解決しない感染を抜歯により除去することで、顎の骨や隣の歯を守ることができます。

ご自身の歯を長く残すために
今できること

早期発見・早期治療

穴が空いている、噛むと痛い、歯茎にニキビのようなものがある、など症状がある場合は、すぐに歯科医院を受診しましょう。放置して治ることはなく、現時点から将来に向けて少しずつ状態は悪くなっていきます。逆に言えば、現時点が最もましな状態です。手遅れかもしれないと思っても、救えることもありますので、早めの行動をお願いします。

口に関する知識をつける

プラークは何か?虫歯や歯周病の原因は?適切なケアの方法は?自分は虫歯か歯周病のどちらのリスクが高いのか?などが分かってくると、ご自身の歯を飛躍的に長く持たせることができると思います。

例えば体型を保つには、カロリーが多い食事は何か?自分には運動が足りていないのか、食生活に問題があるのか?自分にあった管理方法は?などを考える必要がありますね。何かを管理するには、知識が必要だと思います。ネットでも知識を得ることはできますが、歯科医院で得る具体的な方法は非常に役にたつと思います。

定期的な
メンテナンスを受ける

定期的なメンテナンスを受けましょう。知識があれば、かなり歯を持たせることができると思います。それに加えて、メンテナンスを受ければ鬼に金棒です。もちろん、何年も全く同じ状態を保てる訳ではありませんが、確実に歯の寿命は延びます。

お肌の手入れと似ているかもしれません。自分で化粧水や乳液を毎日塗りますが、たまにエステに行くと、全然違うわけです(行ったことないので、妄想ですが笑)。プロの手が入ることで、日々のケアでは足りなかった部分を補い、良い状態を蘇らせることができるのは歯も同じです。

よくある質問

  • 歯の内部で細菌感染が拡大すると、細菌は領土を広げるために歯の根の先から歯の外に出ていきます。
    歯の根の周りには歯根膜と呼ばれる靭帯と、歯槽骨と呼ばれる骨があります。感染の広がりにより、歯根膜と歯槽骨に炎症が生じると痛みが出ます。
    根管治療

  • 保険診療で根管治療を行なっています。歯の種類によりますが、治療費用は合計で3,000〜5,000円程度です。

  • 根管治療の通院回数は3〜4回程度です。被せ物の装着までを含めると、6〜7回です。難治性の場合は必要に応じて通院回数は増加します。

  • 残念ながら再発の可能性はあります。可能な限り再発率を減らすために、様々な努力を行なっています。ラバーダム防湿、滅菌された器具の使用、効果の高い洗浄液や薬剤の使用、知識や技術のアップデートなどがそれに該当します。

  • 痛み止めを飲んでいただきます。もし、薬を飲んでも痛みが消えない場合はご連絡ください。1.2回痛み止めを飲んで、症状が落ち着くようであれば問題ありません。

  • ご連絡ください。感染が広がってしまった可能性があります。歯の内部を洗浄し、薬を交換する必要があります。また、抗生物質の内服が必要な場合があります。