facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

予防歯科
〜歯を悪くしたくない、
歯を残したいと思う全ての方へ
伝えたいことがあります〜

予防歯科について

予防歯科 予防歯科

当院の予防歯科の特徴

予防には疾患の発生を防ぐための一次予防、疾患の重症化を防ぐための二次予防、治療後の再発を防ぐための三次予防があります。

当院ではそれらの全てに力を入れています。

まず一次予防で重要なのは定期的な歯科医院での診察とクリーニングですが、それにも増して重要なのはご自宅での歯の管理です。医院で定期的に歯石除去をするだけでは不十分だと考えています。

ご自身で歯を守れるようになっていただきたいので、歯を守る方法をお教えすることにも力を入れています。

位相差顕微鏡"Monte-武蔵"

当院では、イポナコロジー社の位相差顕微鏡(武蔵)を導入しており、歯周病菌の特別な検査が可能です。

お気軽にスタッフまでお尋ねくださいませ。

位相差顕微鏡

早期発見

二次予防で重要なのは早期発見です。当院は衛生士担当制なので、特別なことがない限り同じ衛生士が毎回のメインテナンスを担当します。前回と違う点をいち早く発見し、歯科医師に報告することで、疾患の早期発見に努めます。三次予防で重要なのは治療の質と治療後のメインテナンスです。

当院の歯科医師は様々な研鑽をつみ、日々勉強していますので、個々の患者さんに合った良質な治療を提供できると考えています。

しかし、いくら良い治療ができたとしても、ほったらかしにしていては徐々に問題が生じてきてしまいます。良い靴や、カバン、車を買ってもその質を保つためにはメインテナンスが必要なように、お口の中も定期的なメインテナンスが必要です。

虫歯は予防できますか?

予防できます。虫歯の原因を可能な限り除去することによって発生を抑えます。

また、フッ化物の応用などにより歯を強くすることも非常に有益です。

虫歯は予防できるか

予防歯科をおすすめしたい方

予防歯科

すべての人におすすめしたいと言いたいのですが、あえて3つのタイプに絞ります。それはお子様、すでに虫歯治療を数回受けたことがある人、一生ご自身の歯で美味しいものを食べたいと思っている人です。

幼少期に虫歯の管理をしっかりできる生活習慣を身につけ、歯を守ることは一生の財産になります。

すでに虫歯治療を受けたことがある方は、お口の中に虫歯菌が多く存在している可能性があります。お口の状況を改善することで、今後の人生にプラスの影響があります。

美味しいものを満足に食べられるということは幸せにつながると考えています。もちろん良質な入れ歯やインプラントを使用すれば、噛むことに困ることはなくなりますが、やはり自分の歯が一番美味しくものを食べられます。

歯石・
バイオフィルムについて

歯石とは

歯石は歯の表面に付着した細菌が唾液の成分で固まって石のようになったものです。

見た目からは想像できないのですが、軽石のように無数の穴が空いていて、細菌の住みかになっています。

歯石
バイオフィルム

バイオフィルムとは

バイオフィルムは細菌が集団となり、その集団を外部から守るためのヌルヌルしたバリアができている状態です。

身近な例では、お風呂のシャンプーボトルの下にあるヌルヌルや、排水口にこびりついているヌルヌルが代表的です。

歯茎の検査について

歯と歯茎の間には小さい溝があり、その部分を歯周ポケットといいます。その歯周ポケットの深さを測るのが歯周病検査です。

メモリのついたスティックを歯周ポケットにそっと入れて計測します。健康であれば、深さは3mm以下です。一方歯周病があれば、深さは4mm以上となり、出血を伴うことが多くあります。

クリーニングについて

クリーニングではプラーク(細菌、バイオフィルム)、歯石、ステイン除去を行い、その後ポリッシング(仕上げ研摩)を行います。

専門家による特殊な器具を使ったクリーニングをPMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)とも呼びます。

クリーニング

おかえりになる際はいつもよりも歯がきれいにそしてツルツルになっていることが実感できるでしょう。また、磨きづらそうな部位に関しては、効果的な磨き方をお教えいたします。

クリーニングのメリット

一度付着してしまった歯石は基本的にご家庭では取り除くことができないので、歯石を確実に除去できるというのは大きなメリットです。これは虫歯予防にも歯周病予防にもつながります。

また、ポリッシングをしっかり行うことで、歯石やステインが付きづらくなります。そして、重要なことですが、一本一本専門家が磨いていくことで隠れていた虫歯を見つけることができます。

クリーニングを受ける頻度

通常は3〜4ヶ月に一回のクリーニングをおすすめしています。

お口の管理が非常に上手な方は半年に1回程度で良いかと思います。