facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

大人と子供の矯正

子供の矯正について

子供の矯正 子供の矯正

歯並びのタイプによりますが、反対咬合の治療は早く始めた方が良い場合があり、装置がお口の中に入れられるようであれば、3歳から治療を開始することもあります。

スペースが足りなくてデコボコの歯並びになりそうな場合は上の前歯4本が生えてきた段階で治療を開始することが多くあります。年齢で言えば7−8歳くらいです。

子供の矯正治療の重要性

歯並びの問題で顎の骨の成長に悪影響を与える場合があります。例えば反対咬合であれば、下の歯が上の歯をロックする形になるので、上顎の成長を妨げてしまい、より反対咬合が重度になる場合があります。

子供の矯正

また、口を閉じる際に特定の歯が早く接触してしまう場合は、その位置だと食べ物を噛みきれないので、顎を前後左右のどこかにずらして食事をします。そのずれは癖になり、骨格が歪む原因になります。例えば、下顎を右にずらして噛む癖がついた場合、下顎の骨が右へ歪んで成長し、結果として顔が歪むということが生じます。

子供の矯正の
メリット・デメリット

メリット 口腔や顎の成長に与える悪影響を取り除くことができる
子供の矯正だけで治療が完了すれば費用が安く抑えられる
大人の矯正が必要になったとしても、短期で治療が終えられる可能性が上がる。また、抜歯をせずに矯正ができる可能性が上がる
デメリット 装置は自分で取り外しを行うものが多いので、しっかり使用できないと治療がうまくいかない
ご家族の協力が不可欠
子供の矯正だけでは治療が完了しない場合は、大人の矯正が必要となり、治療期間が長期にわたる

平均的な治療期間

積極的に治療を行う期間は2年程度と考えていただくのが良いと思います。乳臼歯がどんどん抜けて、永久歯が生えてくるタイミングは基本的に経過観察となります。

12歳前後になると永久歯がほとんど揃ってきますので、その時点で歯並びが整っていれば治療終了です。逆に、問題が残っている場合は大人の矯正への移行を検討します。

時間がかからないケース

時間がかからないケース

歯が並ぶスペースが少しだけ足りない場合や、一本の歯だけずれているなどの軽度の問題は比較的短期間で治療が終了します。

時間がかかるケース

歯が並ぶスペースが大幅になりない場合や、歯の大きな位置異常がある場合、骨格的な問題がある場合は時間がかかります。

時間がかかるケース

1期矯正について

使用する装置について

基本的に可撤式(取り外しができる)装置を使用します。具体的にはマウスピースタイプのものや拡大床と呼ばれる装置です。

大きくスペースを獲得する必要がある場合は急速拡大装置という固定式(取り外しができない)装置を使用を検討します。

治療期間について

装置を積極的に使用する期間は2年前後になることが多いと思います。その後に経過観察期間や、保定期間があります。また、永久歯の矯正治療(大人の矯正)に移行する場合はさらに期間が必要です。

料金表

小児矯正(1期治療) ¥330,000
装置の再作成 ¥16,500

⁕料金は全て税込表示になります

治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

矯正治療についてのご相談を受けます(無料)。当院で取り扱う装置や、費用についてのご説明をさせていただきます。

検査

検査

お口の写真、お顔の写真、レントゲン写真、上下の歯の型取りなどの資料を採取させていただきます。

診断

診断

検査結果をもとに現在の状態や治療法についてご説明します。

治療開始

治療開始

装置を装着して、矯正治療を開始します。来院頻度は2週間〜1ヶ月に1回程度です。

目標が達成されるまで継続して治療していきますが、乳臼歯(乳歯の奥歯)が抜けてくると装置が安定しなくなりますので、その時点がタイムリミットとなります。この時までに出来るだけ歯が並ぶスペースを獲得することが基本的な目標となります。

前歯が少しずれれている、などの軽度の問題はワイヤー矯正で解決することもあります。

保定

保定

全ての永久歯が生えそろい、安定が確認できるまで歯並びをキープするために保定を行います。状態によっては保定が不要なこともあります。

メインナンス

メインテナンス

定期的に歯並びの状態を確認します。親知らずの影響で歯並びがずれてしまうこともあるので、状況によっては親知らずの抜歯をお勧めすることもあります。

子供の癖が
歯並びに及ぼす影響

指しゃぶり

指しゃぶり

歯並びや顎の骨の成長に影響があります。小学生になる頃までの指しゃぶりは成長過程で必要な行為である場合もありますので、基本的に心配する必要はありません。

しかし、小学生になっても指しゃぶりが継続する場合は上の前歯が前方へ傾斜したり、上顎の骨の過成長の原因になることがあるので要注意です。

口呼吸

ぽかんと口が開いている状態ですので、唇の力が歯に加わらず、前歯が前方へ傾斜する可能性があります。

また、歯並びのアーチが狭くなり、顎の骨の健全な成長に影響を与えることもあります。

口呼吸
歯ぎしり

歯ぎしり

歯がすり減ってしまうなどの影響がありますが、抑制することはできないので、基本的に経過観察となります。

頬杖

歯並びや顎の成長に影響があると言われています。

例えば左手で頬杖をする癖がある方は顎が右側に曲がってしまう可能性があります。癖にならないうちに辞めるようにした方が良いと考えます。

頬杖

大人の矯正について

大人になっても
歯並びは治せます!

治療することが可能です。特に年齢制限はありません。

適切な力を歯に加えることによって、歯を支える骨の代謝を促して、歯を動かします。ヒトは一生代謝を続けますので、歯の移動に年齢制限はないということになります。ただし、代謝のスピードなどは年齢で変わるので、歯の移動スピードも変わります。

実際に、「出っ歯が気になる。」、「唇が閉じづらい。」、「唇を閉じた時に歯が見える。」、「歯並びがでこぼこしているのが気になる。」、「八重歯がいや。」、「前歯で噛めない。」、「受け口を治したい。」など様々なご相談があります。

まずは、ご相談ください!

歯並びがコンプレックスとなり、自分の笑顔に自信がない方はぜひ矯正治療を行った方が良いです。やや大げさですが、人生に影響があると思います。

※主にインビザライン(マウスピース矯正)で治療を行います。前歯だけの部分矯正をご希望の場合はワイヤー矯正をご提案することもあります。

料金表

2期治療のための検査 ¥22,000
2期治療
※1期治療では治せなかった問題を永久歯が揃った後に改善する治療です。インビザラインを用いて行います。
¥550,000
追加アライナー ¥5,500

⁕料金は全て税込表示になります

インビザライン

検査費用 ¥22,000
エクスプレス ¥385,000
ライト ¥550,000
コンプリヘンシブ ¥880,000
追加アライナー ¥5,500

⁕料金は全て税込表示になります

前歯だけの部分矯正

上下前歯 ¥385,000
上だけもしくは下だけの前歯 ¥220,000

⁕料金は全て税込表示になります

大人矯正のメリット

子供の矯正治療との違い

子供の矯正治療は乳歯を含む歯並びの矯正治療です。

大人の矯正治療は永久歯だけが対象となります。中学生になれば多くの方が永久歯が揃うので、その場合も大人の矯正治療と呼びます。

歯を削って治すのと歯並びを治すことの違い

治療期間の違い

歯を削る治療は、削った後に削った部位を何らかの材料で修復すれば終了ですので、数回の来院回数で治療が完結します。

しかし、矯正治療はじっくり歯を良い位置まで動かしていく治療ですので、時間はかかります。歯を1mm動かすのには1か月かかると言われています。

費用面での違い

削って詰める治療は保険診療か自費診療かで大きく異なりますが、数千円〜数万円の治療費です。

矯正治療をしっかり行う場合は、当院では80万円の費用がかかります。追加の処置が必要な場合は別途費用が発生します。

抜歯と非抜歯

抜歯になるケースとならないケースの違い

歯が並ぶスペースの量で判断します。デコボコが軽度な場合は治療に必要なスペースも少しで良いので、抜歯をせずに治療ができる可能性が高いと言えます。

一方、デコボコが重度な場合は大幅なスペースが必要となるので、抜歯をしないとうまくいかないことがあります。

矯正治療

また、口元が出ているのが気になり、それを大幅に改善したい場合も抜歯をして、大きく前歯を後ろに下げる治療計画の方が美しく仕上がる可能性が高いと考えます。

歯並びの乱れによる
身体のトラブル

虫歯・歯周病

虫歯・歯周病

従来は歯並びが悪いと虫歯になりやすいと言われていましたが、これには科学的根拠はありません。歯並びが悪くても、しっかり清掃ができれば虫歯にはならないということです。歯周病に関しても同様のことが言えます。

しかし、歯並びが悪いと歯の清掃がしづらくなることは明らかですので、より的確に虫歯を予防するためには歯並びが良い方がベターと言えます。

頭痛・肩こり

歯並びが悪いと咀嚼に影響が出る場合があります。顎の筋肉に余計な力がかかることで、周りの筋肉に悪影響を与えることがあります。

しかし、歯並びが悪いと歯の清掃がしづらくなることは明らかですので、より的確に虫歯を予防するためには歯並びが良い方がベターと言えます。

頭痛・肩こり

治療中に気をつけること

矯正中に虫歯にならないために

従来の虫歯予防の方法と同じで、食事やおやつの取り方、フッ素入りの歯磨き粉の使用、歯磨きのいずれも気をつけることです。

この中で、ワイヤー矯正をしている場合は特に歯磨きに注意が必要です。歯に装置が張り付いていますので、歯磨きの方法を工夫する必要があります。

※矯正装置の調整の際にクリーニングを行うことで、普段の歯磨きで不十分な部分を清掃することができます。治療中の虫歯予防には不可欠なステップです。

生活習慣について

生活習慣について

食事について

お菓子をダラダラ長い時間をかけて食べるということはやめた方が良いです。口の中が長時間酸性になるので、歯がダメージを受けます。

マウスピースを装着している際に甘い飲み物を飲むのは避けて欲しいと思います。マウスピースの中に糖分が残り、持続的に歯にダメージを与えてしまいます。