facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

矯正治療メニュー

マウスピース矯正
(インビザライン)について

インビザライン インビザライン

マウスピース矯正とは

マウスピースを装着することで歯を動かす矯正治療です。一枚のマウスピースで少し歯を動かし、次のマウスピースに交換します。

次のマウスピースでまた少し歯を動かし、さらに次のマウスピースに交換します。このように装着と交換を繰り返すことで、徐々に理想の歯並びに近づけていく治療です。

インビザライン

インビザラインとは

インビザラインはアメリカで1999年に発売されたマウスピース矯正です。日本には2006年に導入されました。2021年現在では全世界で800万人以上の治療実績がある、世界シェアNo.1のマウスピース矯正です。

治療データを集め、分析し、改良するというサイクルを繰り返して、治療精度をどんどん向上させているので、今後の進化にも期待が持てます。

当院の
インビザライン治療の特徴

多くの治療実績

院長の黒木はインビザラインの専門病院での勤務経験があり、多くの患者さんの治療を担当しました。

そのため、インビザラインが得意な歯並び、苦手な歯並び、どのような時に抜歯を選択するのか、抜歯をしないでも治療できるのはどれくらいの歯並びか、歯が思うように動かない時はどうすれば良いか、などの知識を豊富に持っています。

インビザライン

また、治療計画の作成(シミュレーションづくり)に関しても、インビザライン治療で日本を代表する先生から直々に指導を受け、日々勉強しておりますので、患者さんごとにその人にあった治療計画を提案することが可能です。

インビザラインはどこの医院で治療しても、
"同じではありません"

決して同じではありません。全ての治療において同じことが言えるかもしれませんが、「知識」と「経験」によって差が出ると考えています。

インビザラインでは治療の最初にシミュレーションを作成してゴールを設定します。「知識」や「経験」が足りなければこのゴール設定を間違ってしまう可能性があります。もちろん治療を開始して、しばらくしてからゴール設定を変えることも可能ですが、それは大きな回り道となり、患者さんの負担が大きくなってしまいます。ですので、「知識」と「経験」をもとに最初に良い診断ができることが重要だと思います。

また、スタッフの熟練度も大事な要素です。スタッフがインビザラインのことを理解しており、患者さんからの一般的な質問に答えることができれば、ご安心して治療が受けられると思います。

当院の矯正治療のプラン

エクスプレス

エクスプレス(軽度矯正)

前歯がわずかに曲がっているなどの非常な軽度な問題に適していて、2か月〜4か月程度で治療完了です。

検査費用 ¥22,000
料金 ¥385,000

⁕料金は全て税込表示になります

ライト(中度矯正)

エクスプレスとコンプリヘンシブの中間に当たります。前歯に軽度の問題がある場合に適応となります。治療期間は6ヶ月〜1年程度です。

ライト
検査費用 ¥22,000
料金 ¥550,000

⁕料金は全て税込表示になります

コンプリヘンシブ

コンプリヘンシブ(通常矯正)

全般的な歯並びに対応可能です。治療期間は概ね2〜3年程度で、短い期間で終わる方もいれば、3年以上かかる方もいます。

検査費用 ¥22,000
料金 ¥880,000

⁕料金は全て税込表示になります

インビザラインの
メリット・デメリット

メリット 審美性が良い
痛みが少ない
歯磨きがしやすい
マウスピースを外せば食べ物の制限がない
来院回数が少ない
デメリット 自己管理が必要
装着中は飲食の制限がある
歴史が比較的短い

マウスピース矯正を
おすすめする方

インビザライン

今ではワイヤー矯正でできることとインビザラインでできることにほとんど差がなくなってきていますので、矯正治療を考えている全ての方にインビザラインをお勧めします。治療期間は概ね2〜3年です。

対応できるケース・
できないケース

できるケース ほとんどが対応可能です
できないケース
埋伏歯の牽引 埋まっている歯を引きずり出して並べる方法です。これにはワイヤーによる治療が必要です
外科矯正 骨格的な不正が大きく、手術療法が必要なケースです。インビザラインでは骨格的な不正を治すことはできません

年齢制限について

永久歯が生えている本数にもよりますが、小学校低〜中学年のお子様でも治療を行うことができます。また、年齢上限はありません。

歯は適切な力を加えることで一生動かすことが可能です。

マウスピース矯正治療の流れ

矯正相談・カウンセリング

矯正相談・カウンセリング

矯正治療についての相談を"無料"で受けております

どのようなことでお悩みなのか、どのような歯並びを手に入れたいのかなどをお聞きした後、インビザライン治療について詳しくご説明します。

また、ご希望があれば口腔内スキャナーにて歯並びのスキャンを行い、その場でどのように歯並びが治るのかのCGイメージをお見せすることができます。(有料:税込¥1,000)

検査

検査・治療計画作成

治療計画作成のために資料を集めます。お口の写真撮影・お顔の写真撮影・レントゲン写真撮影・口腔内スキャナーにて歯並びのスキャンを行います。(税込¥22,000)

診断

診断

お口の中の現状を説明した後、治療計画を説明します。治療計画説明の際はCGイメージをお見せしながら、どのような経過を経て歯並びが整っていくのかをビジュアルでお見せすることができます。

抜歯が必要なのか、期間はどれくらいなのか、最終的な歯並びがどうなるのかを具体的にお話しします。

矯正相談

矯正相談・カウンセリング

お口の中の現状を説明した後、治療計画を説明します。治療計画説明の際はCGイメージをお見せしながら、どのような経過を経て歯並びが整っていくのかをビジュアルでお見せすることができます。

抜歯が必要なのか、期間はどれくらいなのか、最終的な歯並びがどうなるのかを具体的にお話しします。

診断

診断

お口の中の現状を説明した後、治療計画を説明します。治療計画説明の際はCGイメージをお見せしながら、どのような経過を経て歯並びが整っていくのかをビジュアルでお見せすることができます。

抜歯が必要なのか、期間はどれくらいなのか、最終的な歯並びがどうなるのかを具体的にお話しします。

同意書

同意書

初回相談時にも説明しますが、治療に伴う注意点や、治療後の保定(歯並びをキープすること)について改めてご説明します。ご理解いただければ同意書にサインをいただきます。

治療開始

治療開始

いよいよ治療開始です。この時に初回の治療計画で出来上がってきたマウスピースを全てお渡しします。マウスピースは基本的に1週間で交換しながら歯を動かしていきます。

最初はアタッチメントを付けたりする関係で、1〜2週間の頻度で2回ほど来院していただきますが、その後は2〜3ヶ月に一回来院していただき、状態をチェックします。

保定

保定

歯並びが良い状態に整ったら保定に移行します。保定とは歯並びをキープすることです。体は歯を元の位置に戻そうとしますので、その動きが起きないように保定装置を用いて保定を行います。

最初の6ヶ月は終日保定用のマウスピースを使用していただき、その後は少しずつ使用時間を減らしていきます。

メインテナンス

メインテナンス

定期的に保定の状態を確認します。歯並びが少し後戻りしてずれている場合は保定装置を調整して、良い状態に戻します。大幅にずれている場合は再治療の検討が必要です。

よくある質問

  • できなくはありませんがお勧めしません。染みるなどの症状が出た際に、矯正治療による影響なのか、ホワイトニングによる影響なのかわからないからです。診断が遅れて、神経が死んでしまっては後の祭りです。

  • 動きます。歯は弱い力を持続的に加えると動きます。マウスピースを適切に設計することで、この力を歯に加えることが可能です。

  • 20時間以上です。理想は22時間以上と言われていますが、かなり厳しいですし、20時間でも十分に歯は動きますので、当院では20時間以上の使用をお願いしております。逆に言えばマウスピースを外して良いのは最大4時間です。この4時間は一日3回の食事と、余裕があれば3時のおやつに使ってください。

  • 適応する場合もあります。

インビザラインの症例

歯並びを治したい

症例
症例
主訴 歯並びを治したい
治療期間 1年9ヶ月
治療費 88万円(税込)
治療内容 インビザラインにて叢生(そうせい)の治療を行った。スペースの獲得には主にIPR(隣接面削合)を用いた。
治療のリスク 装置を適切に使用しないと治療期間が伸びたり、望んだ治療結果が得られない場合がある。

前歯で咬みたい

症例
症例
主訴 前歯で咬みたい
治療期間 2年2ヶ月
治療費 88万円(税込)
治療内容 インビザラインにて開咬(かいこう)の治療を行なった。奥歯の圧下(沈めること)し、前歯の挺出(引き出すこと)を組み合わせて歯並びを整えた。
治療のリスク 舌突出癖(嚥下時に舌で前歯を押す癖)が強い場合は治療に時間がかかる。

奥にある歯を前に出したい

症例
症例
主訴 奥にある歯を前に出したい
治療期間 1年6ヶ月
治療費 88万円(税込)
治療内容 インビザラインにて交叉咬合の治療を行なった。スペースの獲得には主にIPR(隣接面削合)を用いた。
治療のリスク 移動量が大きい歯は術後に後戻りが生じやすいので、しっかりキープする必要がある。

部分矯正について

部分矯正 部分矯正

部分矯正とは

歯並び全体を治すのではなく、部分的に治療を行う方法です。主に前歯が対象となります。

前歯6本(上下の場合は12本)にワイヤーを付けて、矯正治療を行います。

特に年齢制限はありません。小学生から対応可能で、年齢上限はありません。期間は3〜6ヶ月です。その後保定が必要です。

部分矯正のメリット・デメリット

メリット 費用が安い
短期で矯正治療が終了する
(3〜6ヶ月程度)
デメリット 適応症が少ない

当院の部分矯正の特徴

選択肢広がる部分矯正

当院ではマウスピースでの部分矯正も可能ですが、ワイヤーでも部分矯正が可能です。ワイヤーの方が短期で終わる場合が多く、治療費も安価です。

※表側のみの対応です。

部分矯正

前歯だけの部分矯正

上下前歯 ¥385,000
上だけもしくは下だけの前歯 ¥220,000

⁕料金は全て税込表示になります

部分矯正をおすすめする方

ワイヤーを使っても良いから、安価に早く前歯だけを治したいという方におすすめします。

部分矯正できるケース 歯が少しねじれている・わずかに隙間がある・少しデコボコしている。などの軽度の問題が対象となります。
部分矯正できないケース 歯並びに大きな問題がある場合や八重歯は対象外です

部分矯正治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

歯並びの悩みや、どのように治したいかのご希望をお聞きした後、部分矯正についてご説明します。

検査

検査

治療計画作成のために資料を集めます。お口の写真撮影、お顔の写真撮影、レントゲン写真撮影、上下の歯並びの型取りを行います。(税込¥11,000)

診断・同意書

診断・同意書

お口の中の現状を説明した後、治療計画を説明します。どの歯にワイヤーをかけるのか、歯を削る必要があるのかなどを説明します。

また、治療中や治療後の注意点についてもご説明し、ご理解がいただければ同意書にサインをいただきます。

治療開始

治療開始

歯にワイヤーを付けて、動かす力をかけます。

2週間に一回程度来院していただき、歯の動き具合を見ながらワイヤーを調整していきます。

保定

保定

良い位置に歯が移動したら保定装置を用いて保定を行います。保定とは歯並びをキープすることです。

体は歯を元の位置に戻そうとしますので、歯が後戻りしないようにキープする必要があります。部分矯正の場合でもしっかりキープしなければなりません。

メインテナンス

メインテナンス

定期的にご来院いただき、保定の状況をチェックします。後戻りが見られる場合は装置を調整して、歯並びを整えるか、再治療を検討する必要があります。

よくある質問

  • 出っ歯に関しては出っ歯の程度によります。軽度の症状であれば対応が可能です。八重歯は対象外となります。当院で行う部分矯正では犬歯の位置が適正であることが条件になりますので、犬歯の位置がずれている八重歯は治療ができません。

  • 状態によっては対応可能な場合もあります。