facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

小児歯科
〜歯医者を嫌いにならないようにするのが、
歯科医院の務めです〜

小児歯科の治療方針

小児歯科

もっとも大切にしていることは歯医者を嫌いにならないようにしていることです。歯科医院に慣れていないお子様は、マスクをしている知らない大人にいきなり口の中を見せてと言われると、恐怖心を抱くことが多いと思います。

ですので、お互い一人の個人として接することができるように笑顔でしっかり名前を名乗り、会話をすることから診療を始めます。問題なく診察できそうであれば、お口の中を見せてもらい、治療の必要があればその必要性を丁寧にやさしく説明します。

もし、治療が上手にできなくても、緊急性が高い治療(歯が脱臼して、すぐに戻さないといけないなど。)でない限り、押さえつけて治療を完遂するということはしません。少しでもうまくできたことを褒めて、次に繋がるように、そして近い将来上手に治療ができるように見守る姿勢で診療を行います。

「初めての歯科治療」を検討している親御さまへ

「初めての歯科治療」

初めての歯科治療は大人にとっても怖いものですので、お子様にとっても怖いのは当然です。

そして「初めての歯医者」のイメージはその子の長い人生に影響を与えるかもしれない大きなイベントです。

「歯科医学的に必要な治療を直ちに行う。」ということに目を眩ませるのではなく、その子が歯科医院を嫌いにならずに)むしろ好きになってくれると最高です。)継続的に通える環境を整えることを重要視しています。笑顔、お子様を一個人として尊重する、お子様のペースに合わせる。などがポイントだと考えています。

親御さんは、「早く虫歯を治してほしい。」と思うかもしれません。できれば私たちもそうしたいのですが、すぐには治療ができないお子様もいます。無理やり治療を行って、その場は解決したとしても、後々高い確率で新しい虫歯を作ってしまいます。

その時には恐怖で歯科医院を受診できないかもしれません。そして、その他の歯も虫歯になり、治療ができないまま過ごすのです。そんな子を一人もつくりたくありません。「初めての歯医者」が良いイメージになるよう、そして良いイメージがずっと継続するよう、楽しく診療を行いたいと思っています。

子供の虫歯

子供の虫歯の原因

主な原因は歯に付着するプラーク(歯垢)です。生えたての歯は虫歯になりやすいので、十分なケアが必要です。

子供の虫歯

虫歯の移るのか

虫歯が直接うつるのではなく、親御さんがもつ細菌がうつります。親御さんが虫歯になりやすい体質で、その細菌がうつるとお子様も虫歯になりやすくなってしまいます。親御さんの口の中を清潔に保って、虫歯菌を減らしておく必要があります。

虫歯になりやすい子供

ということが揃うと虫歯になりやすいと言えます。

子供の虫歯予防

子供の虫歯

自宅で行うケア

自宅では少なくとも1日朝晩の2回は歯磨きを行なってください。

「いつまで仕上げ磨きをすれば良いか?」という質問には「お子様がしっかり磨けるようになるまで。」とお伝えしています。小学生高学年になっても、時々チェックしてあげるのが良いと思っています。

歯磨き粉はフッ素入りのものをお勧めします。フッ素の力で歯を強化して虫歯を予防できます。

また、ぜひフロスも行なってください。乳歯の奥歯の間は虫歯になりやすいので、フロスが効果的です。子供用のフロスがあるので、お勧めします。

歯医者で行うケア

歯医者では通常の歯磨き粉には含まれない高濃度のフッ素を使用することができます。高濃度のフッ素は歯の表面に吸着し、口の中の酸性度が高まったときに遊離して歯を守ってくれます。

通常の歯磨き粉のフッ素との相乗効果により、虫歯予防効果が高まります。

子供の虫歯

乳歯が虫歯になったら?

乳歯が虫歯になったら治療が必要です。そしてなぜ虫歯になってしまったのかをよく考えて対策をとる必要があります。

多くの場合は、歯磨きが不十分、甘いお菓子をよく食べる、ということが当てはまりますので、その点を改善していきます。

歯が生えると、そこに様々な細菌が付着します。その細菌の中に虫歯菌が多く含まれる場合はいくら小さくても虫歯になります。とは言っても、下の前歯は唾液の清掃効果によってほとんど虫歯になりませんので神経質になる必要はありません。

一方上の前歯は唾液の清掃効果の恩恵をあまり受けられないので、油断すると虫歯になってしまいます。

必要なケア

乳歯の虫歯治療

予防

恐怖心を与えたくないので、可能であれば麻酔を使用しないで治療を行います。乳歯は永久歯に比べて感度が低いので、麻酔を使用しないでも虫歯を除去できることが多くあります。

また、使用する材料も工夫します。永久歯に使う材料は完全に歯を乾燥させた状態で、使用することで効果を発揮しますが、お子様によっては乾燥が難しい場合もあるので、唾液に強い材料を使用します。