facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

虫歯治療
〜虫歯は自然治癒してくれません。
早期発見・早期治療が良策です〜

虫歯とは

虫歯 虫歯

虫歯とは歯の表面に付着した細菌が作り出す酸によって歯が溶かされた状態のことを言います。

具体的には歯の表面が白濁したり、黒くなったり、穴が開いたりした状態です。

虫歯ができる原因

以下の4つの要素が全て満たされた時に虫歯が発生します。

虫歯になりやすい人の特徴

  • 砂糖を含む食品を
    多く摂取する人
  • 間食が多い人
  • 歯磨きが不十分な人
  • 歯並びが原因で磨きづらい部位がある人
  • 口の中に虫歯菌が多い人(幼少期に口の中の細菌が決定すると言われています。)
  • 唾液の中に虫歯予防の成分が少ない人

など様々な特徴があります。

当院の虫歯治療の考え

見た目、器具での診察、レントゲン写真、症状、患者さんの希望などから総合的に判断して削るか、経過観察をするかを提案します。

歯の外側はエナメル質という組織があり、その範囲内の虫歯は適切なケアで進行を止めることができるので、基本的に削りません。しかし、エナメル質の内側にある象牙質という組織まで虫歯が及んでいる場合は、進行を止めることはできないので、削ることをお勧めします。

虫歯の進行別の治療について

C1

C1はエナメル質の範囲内で収まっている虫歯のことです。

わかりやすい部位では歯の表面が白く濁ったり、黒くなっていたりしますが、染みるなどの症状はないことがほとんどです。

C1

C1の場合は適切なケアにより進行を止めることができます。そのため審美的な問題がない場合は経過観察を行います。進行していないか適切に判断するために、定期的なレントゲン写真撮影をお勧めします。

C2

C2

C2はエナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が及んでいる状態です。

象牙質には感覚があるので、冷たいものや甘いものがしみるなどの症状が出ることがあります。

レジン

C2は削るか特殊な薬剤を使用しない限り、徐々に虫歯は進行してしまいます。当院ではC2の場合はすべての虫歯を削り取って、削った部分はレジン、金属、セラミックで補う治療を行います。

どの材料を使用するかは虫歯の大きさや患者さんの意見を総合して選択します。

C3

C3は象牙質のさらに内側にある歯髄(しずい・いわゆる神経)にまで虫歯が及んでいる状態です。

冷たいものや熱いものがしみる。何もしていなくてもズキズキと痛む。などの症状が多くありますが、症状がない場合もあります。

C3

C3の場合は症状によって治療方針を変えます。症状がない場合や、刺激により症状が一時的に出る場合は歯髄の温存療法をご提案します。

何もしていなくてもズキズキ痛む場合や、刺激によりかなり強い症状がしばらく続くという場合は、残念ながら歯髄の除去(根管治療)を行うべきなのでそれを提案します。

C4

C4

C4は虫歯の進行により歯が崩壊している状態です。

ここまで行くと歯髄はすでに死んでしまっており、冷たいものがしみるなどの症状がないことが普通です。

しかし、放置することにより細菌の溜まり場となりますし、より複雑な病気に進行する可能性があるので、治療が必要です。この場合は抜歯をすることが立派な治療になります。

抜歯をして細菌の溜まり場を取り去って、必要があれば抜歯した部位を補うという治療段階に進みます。

C4の状態でも、条件によっては特殊な処置を行うことによって歯を残せることがあるので、その場合は歯を残す処置を提案することもあります。