facebook twitter instagram
WEB予約 お問い合わせ マウスピース矯正
電話 WEB予約 お問い合わせ
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

5/9 イベント告知「親子で楽しく虫歯予防」

5/9 イベント告知「親子で楽しく虫歯予防」

こんにちは。藤沢ギフト歯科・矯正歯科、院長の黒木です。

光栄なことにご依頼を頂きまして、5/9 10:00〜、藤-teria内にある市民の家(ホール)にて、「親子で楽しく虫歯予防」と題して、セミナーを行わせていただくこととなりました。

内容は盛りだくさんです!

まずは
虫歯ってどうしてなるの?
どうしたら予防できるの?
効果的な歯磨きの仕方は?
フッ素って効果あるの?
などの素朴な疑問にお答えできるような形で簡単なお話をさせていただきます。

次に、虫歯菌を実際に観察していただきます!
これが驚きですよ〜。

もし参加者の中で勇気のある方がいれば(笑)、その方のお口から虫歯菌を採取させていただき、顕微鏡で拡大した画像をモニターに映して、虫歯菌が生きている様子を見ていただこうと思います。
見たいような、見たくないような・・・。

当院に来院されている方には多くの方に見ていただいているのですが、皆さんびっくりされています。たまに菌の動画を撮っている方もいますよ(笑)

びっくりさせることが目的ではなく、虫歯や歯周病の原因や、予防方法をわかりやすくお伝えすることを目的としていますので、ぜひこの機会にご覧ください。

さらに、実習があります!
歯にくっついている菌をピンク色に染めて、歯磨きで落とす実習です。
これはいろんなところで、よく行われているメジャーなものですが、とても効果的です。
お子様の仕上げ磨きで掃除しづらいところや、清掃のポイントが分かります。

時間が許す限り、ご質問にもお答えいたします。
なんでもお気軽にお聞きください。

もちろん感染対策はしっかり行ってみなさんが安心してご参加できる環境を整える予定です。
今後の様子次第では急遽中止ということもあるかもしれませんが、楽しいセミナーになるよう、スタッフ一同準備したいと思いますので、ご興味ある方はチラシにある連絡先までお問い合わせください。

藤沢市にお住いの方、市外の方でもご興味ある方はぜひお越しください!

日付:  カテゴリ:お知らせ, ブログ

予防歯科について

こんにちは、藤沢ギフト歯科・矯正歯科の歯科衛生士です。

早くも開院から二週間が経ち、新しく検診に来ていただく患者様とお話しする機会も増えて来ました。

その中でも、「今の歯を残したい!」という希望の声を多く聞きます。

 

多くの方が、歯を失う原因として「年だから…」と思われていますが

実はそうではありません!

人間の歯は元々32本あり、親知らずを除外して考えると28本です。

日本人の80歳は、平均どれくらい歯が残っているか聞いたことがありますか…?

 

日本人80歳の残存数は約15本と言われています。

それに対して、

予防歯科先進国のスウェーデンでは80歳の残存数はなんと約21本です!

こうして比べてみても、歯を失う原因として年齢だけでは無いことが考えられます。

この差は何でしょう…?

 

日本とスウェーデンの大きな違いを見てみましょう。

・歯磨きの工夫

日本人の多くは歯ブラシだけで磨くのに対して、スウェーデンでは歯間ブラシ、タフトブラシ、デンタルフロスといった清掃用具を併用して磨くのが一般的です。歯ブラシだけでは歯の汚れの6割程度しか落とすことができません。虫歯になりやすい場所に合わせて道具を使い分けて磨きましょう。
また、強い歯を作ったり、虫歯菌の働きを抑制したりする効果があるフッ素入りの歯磨き粉を使用することも効果的です。

・定期検診のすすめ

スウェーデンでは、国民の実に90%が病気気の自覚症状がなくても定期的に歯科医院でメンテナンスを受けています。
しかし日本で歯科の定期検診を受けている方は、5%にも届きません。

メンテナンスでは、ご自身で取り切れなかった汚れ、細菌も歯科での特殊な器具を使って徹底的に除去していきます。

痛みが出る前の予防、早期発見、早期治療も歯を残す近道に繋がります!

 

実際に15本と21本では、食べられる物も大きく違ってきます。
もちろん食事だけでなく・見た目も・栄養も・健康も、ご自身の歯で守れるように、、
歯科医院でお手伝いさせて頂きます!

 

定期検診やメンテナンスについてもお気軽にお問い下さい。

藤沢にお住まいの方も、そうでない方もご来院を心よりお待ちしております。

 

日付:  カテゴリ:ブログ

お口の中の菌の検査について

初めまして。院長の黒木です。

いよいよ、ブログをスタートすることになりました。どれくらいの頻度で更新できるかわかりませんが、スタッフ一同皆様に役立つ情報を少しづつでも発信していければと思っております。

早速ですが、今回は当院で行なっているお口の中の菌の検査についてご紹介いたします。

突然ですが、皆様は歯垢の正体をご存知でしょうか?

・・・汚れ?

・・・・・食べカス?

・・・・・・・タンパク質?

などの答えが返ってきます。

しかし、これらはどれも残念ながら不正解です。

 

実は、歯垢は細菌の塊なのです!!

 

私たち歯科医師や衛生士にとっては当たり前なのですが、多くの患者さんはこのことをご存知ありません。定期的に歯科医院を訪れてメインテナンスをされている方でもこの点がうまく伝わっていないことが多々あります。

患者さんがご存知ないのは、我々歯科医療従事者の責任なのです。

歯垢が細菌の塊。ということは歯の病気を理解することにも、歯のトラブルを予防することにも必須の知識なので、私たちも治療する際や、定期検診の際に、まず間違いなく口には出しています。

「細菌が悪さをしています。」

「細菌が歯を溶かします。」

「歯石には菌が付着しています。」

などと言っているはずなのです。

でも、全然伝わっていない・・・。 みなさん歯垢は食べカスとおっしゃいます(笑)。

おそらく伝え方が悪いのです。口で言うだけでは伝わらないようです。

ある人が言っていました。「細菌は宇宙人と同じ。」

細菌も宇宙人もほとんどの人は見たことがありません。

ですから口の中に細菌がいると言われてもピンと来ないのです。

 

では歯垢が細菌としっかり理解できるようにするにはどうすれば良いでしょうか?

画期的な方法があります!

それは菌の検査です。お口の中から採取した歯垢を特殊な顕微鏡で見る検査です。

ご自身の口の中にいる細菌がモニターで見ることができるので、みなさんビックリされます。私も自分の菌を見たときはビックリしました(笑)それほどインパクトがあるのです。

おそらく、ご自身の目でご自身の細菌を目の当たりにした方は、「歯垢は食べカス」という誤解を卒業し、「歯垢は菌」である。というお口の基本知識をインプットすることができます。

そして、その基本知識があると、歯科医院での治療の意味や、説明の意味がより深く理解できると思いますし、何より、ご自身で自分の歯を守る力がつくのです。

当院では菌を実際に見ることができる特殊な顕微鏡を導入しましたので、気になる方はぜひ一度試しに見にきていただければと思います。

菌の検査は随時行っておりますので、お気軽にお声掛けください。

藤が岡の皆様、藤沢の皆様の歯科知識の向上に少しでもお役に立てれば幸いです。

顕微鏡とモニター

日付:  カテゴリ:ブログ