facebook twitter instagram
WEB予約 矯正相談 マウスピース矯正
電話 WEB予約 矯正相談
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

症例集

開咬の治療(インビザライン マウスピース矯正)

治療前

治療後

主訴 27歳女性 前歯で食べ物を噛みたい
治療期間 2年6ヶ月
治療費 81万円+税(追加アライナー2回分を含む)
治療内容 インビザラインで矯正治療を行った。上下前歯の前方への傾斜、重度の叢生(凸凹)、舌癖(ぜつへき)による開咬を伴う症例であった。抜歯を望まれなかったので、隣接面削合(IPR)によりスペースを作り、叢生と開咬を解消した。
治療のリスク マウスピースを規定の時間使用しないと、予定通りに治療を進めることが困難になり、治療期間が延長する。舌癖があるため、開咬が閉じない可能性がある。重度の叢生を非抜歯で治療することで、下顎前歯に歯肉退縮が生じる可能性がある。

日付:   カテゴリ:症例集, 矯正歯科