facebook twitter instagram
WEB予約 矯正相談 マウスピース矯正
電話 WEB予約 矯正相談
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

症例集

神経温存療法(歯髄温存療法) MTAセメントを使用

治療前

治療途中

治療後

主訴 定期検診中
治療期間 2回
治療費 自費診療 33000+保険診療分
治療内容 レントゲン写真にて右上大臼歯に大きな虫歯を認めた。神経への到達が疑われたので、神経が露出した場合に神経を除去するか、温存するかを事前に決めておく必要があった。相談の結果、温存療法を希望された。虫歯を除去したところ、神経の露出を認めたので、MTAセメントで神経を保護して、仮詰めを行った。2ヶ月後に神経の生存反応を確認できたので、仮詰めを除去して、CR充填を行い治療を完了した。
治療のリスク 神経温存療法を希望しても、実際の神経の状態により温存が不可能な場合がある。神経温存療法を行なっても、術後経過が悪く、神経が死んでしまう可能性がある。

日付:   カテゴリ:症例集, 虫歯治療