facebook twitter instagram
WEB予約 矯正相談 マウスピース矯正
電話 WEB予約 矯正相談
藤沢ギフト⻭科・矯正⻭科

症例集

上下顎前突の治療(インビザライン マウスピース矯正)

治療前

治療後

主訴 22歳女性 前歯の噛み合わせを治したい
治療期間 1年6ヶ月
治療費 80万5000円+税(追加アライナー1回分を含む)
治療内容 インビザラインで矯正治療を行った。上下の前歯が前方に傾斜しているため、内側に入れる必要があった。そのためにはスペースが必要なので、隣接面削合(IPR)を行い、スペースを確保した。
治療のリスク マウスピースを規定の時間使用しないと、予定通りに治療を進めることが困難になり、治療期間が延長する。上下の前歯が前方に傾斜している場合は、舌癖(ぜつへき 嚥下の際などに舌を前方に押し付けてしまう癖)を疑う必要がある。舌癖が強い場合、前歯を内側に引き込むことができないので、舌癖のトレーニングも併用する必要がある。

日付:   カテゴリ:症例集, 矯正歯科